サントリー新発売「GREEN TEA」は新時代の緑茶!?新技術による酵母エキスとは??

サントリー GREEN TEA 商品レビュー(お茶)

みなさん、こんにちは!

お茶活動家、ちくわん(@ryounokanousei)です。

 

本日は、サントリーから4月16日から発売の新商品
サントリー天然水 GREEN TEA

サントリー 酵母エキス

のレビューをご紹介します!

 

こちらの商品、結構注目ポイントが多い商品なんです。

サントリーが新しい緑茶の市場を開拓する狙いで出した野心的商品
☑本木雅弘さんと、息子のUTAさんがCMで共演
☑ターゲットが20~30代の若者層

☑新たな技術で酵母エキスを抽出し加えることで、鮮やかな色味を維持することに成功
それぞれ、なぜなのかを深堀していこうと思います。
 
特に今回は、「新技術で抽出した酵母エキスってなんだ?」とおもって、実際にサントリーに問い合わせもしてみたので、ぜひチェック下さい!

サントリー新発売「GREEN TEA」は新時代の緑茶!?UTAさん起用の背景

まず、今回の商品のサントリーの狙い。

それは、新市場の開拓です。

サントリーの調査では、2018年も市場は拡大したが、
そのユーザー層は50~60代の急須のお茶に馴染みがある世代だったそうです。

緑茶特有の渋みのある味わいを好む50~60代に比べて、
20~30代の嗜好傾向は「すっきり感」にあることが分かったとのこと。

そこで打ち出したのが、

渋みのないすっきりとした緑茶

というわけですね。

 

一方で、サントリーの緑茶といえば、すでに思い浮かべるモノがあります。
伊右衛門
ですよね。 

この緑茶らしいお茶から離れた味わいを目指した、新ブランドになっています。
まさに、ここがCM役者の起用ポイントとなってるんですよね!

伊右衛門のCMと言えば、こちら⇊

サントリー 伊右衛門 CM 本木雅弘 宮沢りえ 「お茶の言葉」篇
▼白岳 しろ CM 男のありがとう ★感動・泣ける・心温まるCM集

そう、この本木さんと宮沢さんのコンビがあまりにも有名。

ここから、イメージを脱却させる。
しかもその狙いは「若者」

そこで白羽の矢が立ったのが、本木さんの息子UTAさんだった、と想像できますよね。

サントリー天然水 GREEN TEA『天然水 GREEN TEA クリーンでグリーン』篇 30秒 UTA 本木雅弘 サントリー CM
商品名:サントリー天然水 GREEN TEA オンエア開始日:2019年4月13日 商品発売日:4月16日(火) 出演者:UTA/本木雅弘 使用楽曲:GREEN TEA 作詞家:Sublime 作曲家:Sam Billen 歌手・演奏者:ANNE CARRERE サントリー天然水 GREEN TEA https:...

GREEN TEAの新技術酵母エキスとは?実際にサントリーに聞いてみた!

 さて、商品にフォーカスを当ててみましょう。

今回の商品のセールスポイントをまとめました。

☑サントリー天然水のお水がベース
☑京都福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用
☑低温抽出製法などを活用し、カテキン溶出量を抑制して苦渋味の少ない軽やかな味わい
☑酵母エキスにより鮮やかな緑色の液色を維持する新技術を採用
☑リナロールという香気成分配合でさわやかな香りに

これを見て色々と気になりました。
まず、かっこよく言ってるだけだなあと感じたのは、

低温抽出製法でカテキンを減らした

とは、つまり

水出しで抽出した

ということですよね。
水出しなら、渋みのあるカテキンは出にくくなります。

また、

国産茶葉ってある程度どことかもないのかな?

酵母エキスって、なんの酵母で色を維持できるの?

緑茶に香料入れて、おいしいの?

などなど、疑問が止まず。

 

サントリーに直接問い合わせてみちゃいました。
まず、茶葉について。

Q、.国産茶葉は、ある程度産地は絞れるのでしょうか?
A、福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を100%使用しておりますが、あいにく具体的な産地については、ご案内しておりません。
残念。
要は、産地にこだわっているお茶ではないことが分かりました。
これは、後ほど推測される背景を述べますね。
 
次。
Q、酵母エキスとは、何の酵母でどういった状態だから変色を防げるのでしょうか?
A、酵母はパン由来の酵母。酵母自体は生きた状態ではないが、酵母エキスに含まれる栄養素が、低温で抽出した際に出る緑成分「クロロフィル」の変色を防ぐ働きをする。

酵母がパン酵母由来だったことには驚きですね。
エキスが緑色の成分の変色を止める作用を持つようでした。

さて、リナロールという香料。
これ、柑橘っぽい香りなんですよね。

実際、これ美味しく飲めるの?

酵母エキスやリナロール入り『GREEN TEA』の味・香りやいかに!?

まず、色が分かりやすいように、白磁の湯飲みに入れてみました。

実際、水色はペットボトルの緑茶と思えないほど緑色

通常のペットボトルのお茶って、黄色が勝った感じなんですよね。

で、肝心の香り。

うん。

やっぱり、不思議な感じ笑
思ったほど強い香りはなくて、
ほんのり柑橘感のあるさわやかな感じがあります。

正直、緑茶の香りは0「ゼロ」ですね。

そして、味。

・・・ほぼ味、ないです笑

 

なんとなく、お茶のような風味もある?

くらいで、知らないで飲んだらぶっちゃけ「水」と言われた方が納得しそう。 
こういった味だから、産地にこだわる必要がないんだろうなと納得しました。

結果まとめます。

 

もはや、「お茶」としての認知は取れないと思うレベル。
天然水です、はい。

サントリーのターゲット層の年代である僕ですが、
ぶっちゃけこれがウケるとは思えないのですが。。。

女性や、薄めのドリンクを飲む方々含め、
世の市場反応が気になりますね。

ということで、本日は以上!

ごゆるりと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました