【動画内容シェア】失敗しない急須の選び方(前半)

茶器

常滑焼 急須

急須の選び方、考えたことありますか?

ちくわ男
ちくわ男

こんにちは!

動画を2本目投稿して、

やはり疲弊しているちくわおとこ(@ryounokanousei)です。。。

ふう~~~

さて、本日はそのUPした動画の内容の
復讐用書き出しをしておこうと思います。

皆さん、急須を選ぶ時の様子を観察し聞いてみると…

☑デザインが好きだったから
☑なんとなく良かったから
☑サイズが良かったから 

などなどといった感じ。

 

なんとな~く

 

な感じです笑

今回はそんな方々必見!

失敗しない急須の選び方です!

※動画でさっと見たい方は⇊

YouTube

急須の選び方 ①急須全体論

さて、まず前半は

 

急須の全体論について。

 

全体論としては、以下3点を挙げています。

【急須選びの全体論】
➊急須の中の広さが広いモノを選ぶ ※特に横に大きいかどうか
❷素材にこだわる
❸使い勝手が良いモノを選ぶ

それぞれを見ていきましょう!

➊急須の中の広さが広いモノを選ぶ

急須は、その中、特に底面に近い箇所が
広いかどうかが重要です。

 

茶葉が開く際に、横にワイドに開けていれば、
ストレスなく開くのに対し、
ぎゅうっと茶葉が詰まっていれば、
なかなか茶葉が開きにくく、
その分旨みが出にくい、
変な苦みが出る事も。

 

なるべく横広な急須がおすすめです!

❷素材にこだわる

急須の素材には、2種類あります。

陶器と磁器ですね。

 

2つ併せて、陶磁器なんて呼ぶこともあります。

 

さて、それぞれのメリットデメリットは
以下の通りです。

 

【陶器】
特徴:素材に小さな穴(孔)がある
ーメリットー
・長年使うことで、孔にお茶の水分が吸着し、淹れるたびにお茶に深みが増す
・お湯をまろやかにする(酸化鉄がお茶のタンニンと反応する)
☞緑茶に良いとされる
―デメリットー
・香りも吸着しやすいので、フレーバータイプなどの香りの強いお茶は向かない
+洗剤なども使えませんのでご注意を!
【磁器】
特徴:素材がつるつるで穴などはない
ーメリットー
・素材がつるつるなので洗いやすい(洗剤OK)
・匂いが付きにくい
ーデメリットー
・味に変化は産まない
☞フレーバー系や紅茶などの強めの香りを楽しむお茶
 
陶器には、
常滑焼萬古焼(万古焼)があります。
 
一方、磁器には、
波佐見焼有田焼が有名です。
 
ご自身の使用するお茶の種類の頻度によって、
考えてみると良いです♪
 
 
 

❸使い勝手が良いモノを選ぶ

急須は、日常モノ。

毎日触れるものだから、
使い勝手が良いモノを選びたいですよね。

 

僕が思うに、重要ポイントは2点。

1、持ちやすさ

2、湯キレの良さ

 

です。

持ちやすさは実際に
お店に行けば分かりますが、
湯キレの良さは実際に使ってみないことには
何とも言えません。

 

店舗であれば、店員さんに聞く、
ネットであれば、やはりレビューを
よくよく読むこと。

 

悪い急須には、ほとんどの場合
そういった指摘が書かれているものです。

まとめ

ということで、
今回は急須の選び方前半でした!

 

次回は、急須の中、茶こしに着目して
より使いやすい急須・おいしく淹れられる急須の
中身を発信します♪

 

ぜひチェックください!

 

本日は以上!

ごゆるりと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました