【書評】『ザ・コピーライティング』のエッセンスまとめ

読書感想

daigo氏も絶賛『ザ・コピーライティング』読破

こんにちは!

朝からブログを書いて

気持ちの良いちくわ男です^^

 

さて、今日は書評です。

 

ようやく

 

読み終えました笑

『ザ・コピーライティング』。

※長いので、以後「ザコピ」でいきます

 

もとは、メンタリストdaigoさんの
紹介で知った本。

物販のライティングに活かす目的です。

でも、それが今自分はまさに発信まで
行い始めました。

発信こそ、
ライティングめちゃくちゃ重要やん。笑

発信者もぜひ頭に入れておきたい内容ですよ。

 

しかし、Amazonで買ってみて知ったのは、
その厚さ。

 

4cm

 

ありました笑

そしてジョンケーブルさんという
アメリカ人の訳書。

 

読破に、挫折しそうになりながら
なんやかや2か月!笑

けれど、その内容もやはり充実。

 

今日は、

 

気になるけどどうも手が伸びない…

 

という方に向けて、

ここだけ抑えておけ!

という重要ポイントをまとめます。

 

※ネタバレしますのでご注意ください
※以下「広告」という言葉が出てきますが、
 僕らがいうところの「発信」に
 置き換えてみてください

『ザ・コピーライティング』 の3つの主張

『ザコピ』の主な主張は、
以下の3点になります。

☑広告とは、教育である
☑広告の価値は、行動してもらえるかどうかだ
☑すべての広告は、科学的に検証したものであれ
それぞれ見ていきましょう。

広告とは、教育である

『ザコピ』の、最初の主張として登場します。
 
 
「教育」
 
という言葉。
 
 
厳密にいえば、訳者の神田さんが
充実して主張を広げられています。
 
 
広告を打つと言う事は数万人に言葉を発する教師である
 
 
自分が発する言葉に、何千人・何万人が目を通すことになる
ことを自覚して、読んだ後に読者がどのような行動を起こすのか
想像して言葉を発せよ、というアラート。
 
あなたの言葉が、現実的に人を動かし、
社会に影響を与えますよ、と。
 
この本が、世のコピーライターのバイブルとなることを
意識したものであることが伺えます。
 
 
加えて、僕は同時にこの言葉から、

それくらい自信を持たなければ、
人は動かないし、
自信を持つためにはその商品に対して
先生として発信できるくらい知識を得なければ、
効果的な発信はできないよ、
 
と言われていると感じます。
 

広告の価値は、行動してもらえるかどうかだ

世の中には数多くの広告があります。

 

けれども、

実際に価値のあると「されている」広告には、

現実に人を動かせていないものも沢山あります。

・新聞・雑誌の広告
・市町村の広告
・病院の広告

などで多く見られるような、

☞反応がどうだったのかを検証する術がない媒体
※検証する仕組みづくりをしていれば別
☞上司やクライアントの許可を狙った媒体
☞きれいで美しい言葉が並ぶ広告

 

これらは、内内で満足をしているだけで、
実際には何も世の中を動かしていません。

 

広告とは、それが欲しい人に対して
しっかりとベネフィットを伝え、
行動してもらい、社会に感謝を産むための媒体。

社会を動かす物にこそ、価値があります。

 

評価の高い広告が、売れる広告とは限らない。 

 

すべての広告は、科学的に検証したものであれ

では、実際に価値がある広告を産むためには、
どうしたらよいのでしょうか。

『ザコピ』では、
以下のように書いています!

1、イニシャルテスト
2、効果のあった広告をさらにテストする
3、テスト結果を研究する
 
最初の発信は、トライアルでしかなく、
その後に続く検証のスタートだ
というスタンスです。
 
 
さらに、解説では以下のような感じ。
 
 
テストして分かった事をベースに、
より強力な仕組みを作り上げ、
新しい企画を立てるたびに
それをよりどころにする。
 
どの広告も前に気づいたことを
引き続きテストする場だと考える。
 
効果測定が可能な広告からの
確認できた実績に基づいている
 
 
これ、例えば、Twitterであれば、
一度つぶやいた内容でも、
 
なんか反応がイマイチだったな…
 
と思ったら、今度は言葉の順番や、
言い回し、表現の言葉を選びなおすなど
工夫しなおして発信してみる。
 
 
すると、前回とは全く異なる結果が出ること
が大いにあるということです。
 
 
雑な20個の広告よりも、
的を得ている1つの広告の方が優れている
 
 
最初は良い。
けど、適当に発信し続けていては、
進化しません。
必ず、学習学習・改善改善を進めていきましょう!

効果的な見出しの3つのパターンを知る

『ザコピ』の中では、
見出しこそ、めちゃくちゃ重要である
とされています。

 

なぜなら、

相手の目が広告に注がれるのは
いちどきりの何気ない一瞬なのだ。
貴重な時間を割いてこれはどういう意味だろう
と考えてくれたりはしない。

 

だから、見出しで目を止めてもらえるかが勝負です。

その見出しの重要な要素は、
次の3つ。

1)ベネフィット(得になること)
2)新情報
3)好奇心

それぞれ簡単に説明すると、

1・・・読み手に取って、プラスになる要素。
    (EX.安い、速い、スキルアップ、など)
2・・・新しい価値や情報
    (EX.新しい機能、前代未聞の記録、など)
3・・・読み手に「何?」や「どうなるの?」
    と思わせるもの
     (EX.こんな経験ありますか?など)

 

例えば、次の文章はどうでしょう?

 

「言葉使いを間違えないか、不安ですか?」

 

どうでしょう?

間髪入れず、次も見てください。

 

「こんな言葉使いの間違いをしていませんか?」

 

どちらが気になりますか??

結論としては、見出しとしての結果が
良かったのは後者です。

 

なぜか。

 

「こんな」という言葉が、
「え、どんな?」というフックになり、
それが「間違え」であるという指摘から、

これを読めば、
正しい使い方を教えてもらえる

というメリットまで伝達できています。

 

つまり、

「好奇心」+「ベネフィット」。

 

有効な見出しには、先に挙げた3要素のうち、
2つを組み合わせたものが多いと指摘しています。

 

ぜひ意識してみましょう!

 

 

効果的な見出しを書けるようになるコツ

では、『ザコピ』を読んだから
いきなり良いライティングができるか
と言ったらそうではないですよね。

 

では、どうすれば良いライティングが
できるようになるのか。

 

『ザコピ』の表現で言えば、

 

1にテスト、2にテスト、ひたすらテストすること!
 
 
とにかく、
 
まず自分でやって、その結果を考えろ!
 
 
ということだと思います。
 
これだけ聞くとなんだか残念に
思うかもしれません。

けれども、真実なんです。
 
 
 
そして、同じ文でも、
一度書いたら終わりではありません。
 
 
見出しをたくさん書いてから、
1番良いものを選ぶこと。
書いた見出しを一晩寝かせ、
次の日にまた読んでみる。
それを、広告にうんざりしている
消費者の立場で考えてみよう。
 
 
翌日に冷静な目で見直すと、
新たな気づきが生まれ、修正できる。
 
時間を置いて、読み直す。
修正する。
それを、また結果を見て
訂正する。
 
 
そんな繰り返しによって
レベルアップがなされていくものと
確信しました。
 
 
『ザコピ』では、
こういった内容以外にも
盛りだくさんの充実した内容が
てんこ盛り。
 
ぜひ続きも気になった方は
ご一読くださいませ!
⇊⇊⇊
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則 [ ジョン・ケープルズ ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2019/4/4時点)

楽天で購入

 

 

本日は以上!

 

ではでは、本日もごゆるりと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました