【健康】紅茶がインフルに効果的かはまだ未確定【医師の声】

紅茶 紅茶

常滑焼 急須

紅茶がインフルに効果的かはまだ未確定

本日、興味深いニュースが入ってきました。

世間で叫ばれている「紅茶がインフルエンザ予防に効果的」という話に対する懐疑論、というニュースです。

「紅茶がインフル予防」に識者から懐疑論 感染力「99.9%無力化」喧伝も...「立証されてない」|ニフティニュース
インフルエンザの手軽な「予防法」として「紅茶」がプッシュされている 業界団体「日本紅茶協会」も「紅茶がインフルエンザウイルスの感染力を奪う」と喧伝 培養細胞を使った実験が根拠というが医師から「培養細胞と人は異なる」と懐疑的な声も

ニュースのポイントは、以下の通り。

✔業界団体「日本紅茶協会」も「紅茶がインフルエンザウイルスの感染力を奪う」と喧伝
✔医師の見解としては、まだ証拠不十分で臨床試験が始まったばかりの段階
✔「日東紅茶」の三井農林は今後反省を生かして宣伝文言を選んでいくとしている
記事のメッセージとしては、利権を得られる業界団体が、証拠不十分な段階で、インフルエンザに紅茶が効果があると宣伝しているから、気を付けてねという趣旨でしょう。

食に関する健康情報には、慎重に。

この記事を読んで改めて、考えました。

そもそも「紅茶がインフルに良い」と言っても、
ダージリンからキームンまで、どの紅茶でも効果があるの?
淹れる温度で変わらないの?
採れる時期によって違いはないの?
など、ひとくくりに「紅茶は良い」と安易に考えるのも危険だと感じました。

そのうえで、今回の「紅茶への懐疑論」の話です。

確かに業界団体も時期尚早偏った意見を出してしまっていると思いますが、
一方で僕はこの記事もまた偏った意見によるものだなと感じました。

ニュースをすべて読めば
「実験はまだふ不十分でこれから臨床実験などをする中で厳密に効果の有無が分かってくる」
という事が分かりますが、
「「紅茶がインフルエンザ予防」に識者から懐疑論」
という表題だけ見た人は、あー実は紅茶はインフルには効果ないんだ~と考えてしまいかねません。

また、記事のテイストもどうも効果がない方向にもっていきたそうな姿勢です。

食に関する科学的な情報は実験とともに日々変わっていくものなので、
慎重に、できるだけ安全パイを取るスタンスで構えていたいものです。

その意味で、お茶は適度に飲み続ける分には体に良いと個人的には考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました