【2019年10月】ためしてガッテン 痛みの最新医学!【慢性痛】

ガッテン 痛み 慢性 身体

常滑焼 急須

みなさん、こんにちは!
日本茶スペシャリストのちくわんです^^

さて、今回は2019年10月3日にNHK「ガッテン」にて放送されましたテーマ、

【慢性的な痛みに関する最新医学】

に関して、ポイントを整理してお伝えしますね。

この記事内容は、こんな方におすすめです!

✔ガッテンを見逃してしまって、内容を知りたい方
✔放送された新しい痛みに関する理解がうまくできなかった方
✔慢性通に利く対策が知りたい方
なぜなら、番組で放送された内容のうち、僕らが頭に入れておくべきポイント、「新たな痛みの考え方」「慢性痛の対策」「実際に診察してもらうおすすめ医療機関」の内容に絞ってまとめているからです。
 
痛みに関する新しい考え方を知り、毎日の行動から少しずつ変えていきましょう!
 
そうすることで、痛くて何もやりたいことができなかった人が、痛みを克服できるようになる可能性がグンと上がるでしょう。

ためしてガッテン 原因不明の傷みに関する新たな考え方

ガッテン 痛み 慢性

2種類ある痛み

痛みは2つに分かれます。

【短期的な痛み】【慢性的な痛み】ですね。

短期的な痛みは、原因が明確でその原因さえなおせれば、痛みも回復するタイプです。
痛みを感じる時間としては、比較的短いものが多いと思います。

一方、慢性的な痛み、いわゆる慢性痛は、原因は治っている、もしくはそもそも病気やけがをしていない箇所で痛みが発生しそれが続いてしまうことがあります。
そのため、根本的な治療法が分からず、痛みがずっと続くことに特徴があります。

ガッテン 痛み 慢性

頭痛から腰痛、肩こりまで痛みの出方は千差万別。

慢性痛の方は、国内で2300万人ほどいるとされています。
めっちゃいますよね・・・

なぜこんなことが起きるのでしょうか?

慢性痛が起こるメカニズム

実は、痛みは「感覚」と「感情」で感じていることが分かってきました。

「感覚」とは、直接的な物理的刺激のこと。
ぼくらが痛い、と言ったらこちらのことを想像しますし、むしろそれしかないと思っています。

しかし、実はそこに「感情」が絡んでいるというのです。

背景には、脳の司令塔「前頭前野」が麻痺してしまうことが挙げられています。
僕らの脳は、痛みの刺激があったときに、前頭前野を介して痛みを僕らに伝えています。

前頭前野は物事の判断や評価を行い、かつ感情のコントロールまで司どっています。

ガッテン 痛み 慢性

しかし、この前頭前野が正常に働かない状態になってしまうと、実際には刺激を受けていないにもかかわらず、脳内で痛みを訴えかける信号を発してしまうというのです。

ガッテン 痛み 慢性

そして、この前頭前野の不振は「痛み」による不快感を肥大化させてしてしまうことが分かったのでした。

ためしてガッテン 治らない慢性的な痛みの対処法

ガッテン 痛み 慢性

では、そういった慢性的な痛みを治療する方法はどういったものがあるのでしょうか?

大きく分けて2つあります。
それは【専門家による治療】【一般レベルでできる治療】の2つです。

専門家による治療

ポイントは、「痛みに過剰に反応してしまっている脳の状態を正していく」ことです。

具体的には、下記のような方法を行う「ACT」(アクト)と呼ばれる方法です。
(正式名称:Aceptance&Commitment&Therapy)

①クリップボードに「痛み」と書いた紙を挟んで、先生と押し合う
②痛いときに浮かぶ悩みを紙に書きだし、自分の視野から遠ざけていく
③自分が本来やりたかったことを洗い出し、少しずつやりたかったことに触れていく

どゆこと?って感じですよね^^;

ガッテン 痛み 慢性

を通してまず、慢性痛の人の脳内状態を再現するためのアクションで、痛みにフォーカスし続けるだけで脳は披露し、前頭前野が正常に働きにくくなってしまうことを伝えます。

は日々浮かぶ悩みも、実は少し距離をとれば周りの景色まで目に入るようになるというトレーニングです。

は、そもそも「痛み」の存在を忘れる時間を増やしていくための取り組みです。

ガッテン 痛み 慢性

つまり、「痛み」に対して過剰に反応してしまっている脳の状態を解いていくため、痛みを客観視できるようになるための取り組みなのです。

一般レベルで行える治療

では、病院に行かずに家でもできる対処方法も紹介されていましたのでお伝えします。

方法は、【日記】【瞑想】です。

ガッテン 痛み 慢性

日記で客観視

日記では、次のようなことを書きます。

【日記に書くこと】
・出来事
・気持ち
・行動
・痛み
ガッテン 痛み 慢性
こんな感じですね↓
ガッテン 痛み 慢性
 
こうやって書くことで、「痛み」を客観視できるようになることが大きな狙いです。
どんな気持ちの時に傷んだのか、あるいはどんな行動の時は痛くなかったのかが分かってくると、痛みを冷静に捉えることができるようになります。
 
また、自分が心から楽しい・幸せだと感じられる取り組みまで、わかってくるようになります。

瞑想で前頭前野を鍛える

欧米で「マインドフルネス」と呼ばれ、広く導入されている方法ですね。

ガッテン 痛み 慢性

やり方はこうです。

【瞑想のやり方】
①リラックスできる状態で座って目を閉じる
②自分の呼吸に集中する
※今、鼻を通ってのどを通って肺に入った、などを感じることに集中
③余計なことを考えたとしても、ダメだと思わず、気づいた時点でまた呼吸に集中する
④以上を最初は、1日3分1回から始めてみる
ガッテン 痛み 慢性
マインドフルネスの効果は、このように「今」の何かに集中することで、前頭前野を刺激し強化してくれることにあるとされています。
 
そのため、マインドフルネスを行うことで「痛み」に対する意識も変わっていき、次第に痛みが無くなっていくと指摘されています。

ためしてガッテン 痛みに関する診察機関のご紹介

ガッテン 痛み 慢性

では、実際に痛みが酷くて長く続く場合、どの医療機関で診てもらえばよいのでしょうか?

今回の内容はまだ新しく、この考え方を基に治療を行える病院は少ないのが現状です。
ですが、確実に広がっていますので、しっかりと情報を抑えておきましょう。

抑えておきたいのは「痛みセンター」と呼ばれる医療機関です。
様々な診療科が協力して痛みの治療に当たるところで、先ほどご紹介した「ACT」(アクト)を実践できるのも、主にはこの「痛みセンター」とされています。

現在「痛みセンター」は全国で23か所となっており、今後の拡大が見込まれています。
下記、全国での分布の様子をチェックしておきましょう。

ガッテン 痛み 慢性

\痛みセンターの公式サイトはこちら/

事業案内 | 厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み政策ホームページ
厚生労働科学研究費補助金 慢性の痛み対策研究事業 慢性の痛み診療・教育の基盤となるシステム構築に関する研究のホームページ

しかし、まだまだお住いの地域に「痛みセンター」がない場合もありますので、その場合には心療内科にご相談してみることがおすすめされていました。

ガッテン 痛み 慢性

ためしてガッテン 慢性的な傷みのまとめ

ということで、まとめます。

✔慢性痛は、前頭前野の不振により「感情」制御が上手くできなくなる事で起こっている可能性が高い
✔専門機関では「ACT」、自宅では「日記」「瞑想」で治療できる
✔専門機関としては「痛みセンター」があることを知っておくべし
痛みはいつ出るかわかりませんので、頭の片隅においておきましょうね。
 
本日は以上です!
では、また。
【2019年9月】ためしてガッテン 足梗塞という新病を知る【チェックとその対策】
2019年9月11日放送の『ガッテン』で放送された、足梗塞という新しい病に関してご存知ですか?本記事では、画像とともにポイントを絞って、分かりやすくまとめています。ぜひご一読くください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました