事業を成す原則「守破離」とは?

ビジネス

「守破離」とは事を成すための原則

どーも!日本にプチ茶人を増やす活動家、

ちくわ男です。

 

皆さん、何か新しい事を始める際に、
どうやって始めていますか?

恐らく多くの人がざっくり言うと、

すでにそれを行っている人から学ぶ

というのが実際のところかと思います。

 

本を読む

ブログを読む

教室に通う

塾に入る

 

などなど、全てが先人に学ぶ、ということですよね。

逆に、最初から自分だけでやり始めたり、
十分に学ばないうちに
オリジナル化してしまうことを戒める原則。

それが

「守破離」

なんです。

千利休の言葉が生み出した原則

実は、この「守破離」は、
千利休の言葉から取られたとされています。

※参考出典情報↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E7%A0%B4%E9%9B%A2

 

以下の言葉です。

 

「規矩作法 り尽くしてるともるるとても本を忘るな」

 

守・・・良き師の教えを守り、繰り返し繰り返しそのやり方を実践する=一人前まで

破・・・師の教えに自分なりの工夫を加えていきます=1.5人前まで

離・・・それまでの型をベースにして、新たなものを生み出す=創造者

これかが、大まかな守破離の意味合いです。

 

利休の言葉の意味としては、「離」の段階になったとしても、

元のベースの師の型、もっと言えばその意図やねらいを
無視したものであっては価値がない、
ということです。

 

いわゆる「我流」という風に言われるやり方です。

 

我流で成功するのは、かなりまれです。

なぜなら、自分のオリジナルと
思っている大半のことは、
これまでの人類の歴史の中で
誰かが思い付き、実践されたものである
可能性が非常に高いからです。

世の中は広いですし、
人類の歴史も長い。

にもかかわらず、世の中にそのやり方やアイデアが
実現していないのは、上手くいかなかったからだと
考えるのが自然です。

 

総じて、我流は無駄な時間をかけてしまう
リスクが高いと思うのです。

まずは世の型で習熟し、その後自分のオリジナルを産め!

現代のビジネスにあてはめます。

自分が戦うと決めたフィールドで、
事業を成功させようとするならば、
まずは先人のやり方を真似て、
実践しまくりましょう

そこから、自分なりに研究を重ね、
最終的なオリジナルを形作っていく。

ここまできて、自分のビジネスになるのではないでしょうか。

 

できるだけ、良き師に教わり、
型を意識したビジネスを行うことで、
最終的に自分ブランドを生み出すことが
できると確信しています。

 

本日は以上!

ごゆるりと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました