人生を変える行動力の作り方とは?-安藤美冬さん-

ビジネス

踏み出す勇気「7+1の習慣」~行動力~

本日もご訪問ありがとうございます。

ちくわ男です。

 

皆さん、安藤美冬さんってご存知ですか?

 

僕は動画で拝見するまで知りませんでした。

もともと僕が知ったのは、今から1年半ほど前のことでした。

 

ノマドワーカーの先駆け、火付け役とも言われる人物です。

 

彼女が、スティーブン・コビー博士の『7つの習慣』をベースに、

どのような考え方で活躍をされているのか語った動画を

1年半ほど前の僕は、何度も何度も聞いていました。

安藤美冬氏が語る「人生を変える行動力の作り方」とは?

フリーランスで生きていこうという人には、
必ずどこかに響くものがあります。

 
今回は、僕なりな解釈ですが、
簡単に紹介しようと思います^^

最も響いた!4つのポイント

1.行動力とは、「線」 である

行動力って、よく聞きますが、
どういう意味でしょう?

これは、単発の行動ができるできないではない。
点の行動ではない、と指摘しています。

つまり、表面的な行動が
できるかどうかではなく、
続けられるかどうか。

その行動が習慣になって初めてそれが、
行動力に昇華する
そう指摘しています。

2.口ぐせが人生を決める

また、安藤さんはハッとさせられる指摘をしてくれます。

 

普段の言葉が人生を決める。

 

どうですか皆さん。
そのように意識して生活していましたか?
(僕は全然でした)

特に気を付けてほしいと、
具体的に出てきているのが、

とりあえず
まあまあ
一応

これらの言葉を習慣的に使っていると、
先送り・とりあえずの人生を
生きてしまう、というNGワード

普段から、
行動に落とせるような言葉使いを極力意識すべし。

3.3年サイクルのゴールを決める

そして、目標について。
これは、3年スパンでとらえていく方法が提唱されています。

理由は、
近すぎても、遠すぎても良くないから。

 

近すぎると、大きな成果にはならない。
逆に遠すぎると、よく分からなくなる。
その塩梅がちょうど良いのが、3年というのにも、
しっくりきますね。

目標と言っても、要は、
3年間追い求める、大テーマを決めようというお話です。

しかも、
できれば1行で簡潔にまとめます。

そして、3年間の1年ごとのとらえ方は、
下記のように考えて進んでいきます。

1年目種まき・・・赤字覚悟で行動、人脈作り、情報発信
2年目水やり・・・まいた種の取捨選択、オファーに全力投球、オファーがオファーを呼ぶ流れ
3年目収穫・・・ノウハウを商品、企業案件、ゴール達成

 

安藤さんは、「日本と海外を行き来して仕事をする」
という状態を作り出すことを目標としていたそうです。

 

そういった状態を作り出すためには?
という思考で仕事を仕掛けていったのですねぇ。

4.ベビーステップ

さて、3年後の目標、
大きな羅針盤を作ったところで、
じゃあ、自分が今日できる、
新たな一歩を決めよう。

その概念を表わす言葉が、

「ベビーステップ」。

心地の良いコンフォートゾーンから
抜け出るための、ささやかな一歩です。

例えば、安藤さんは、
ご自身での経験を下記のようにお話しています。

吉野家が食べたい

けど、席の構造上恥ずかしくて入れない

持ち帰りで入る

完全に、吉野家のカウンターに座って
食べることを目標にせず、
これまで行っていなかったけれども、
これならできるかもしれないという行動
にして、小さく変化させていく。

 

そういったことを積み重ねていこう、
と提唱しています。

すぐにでも出来そうですよね^^

自分に翻って落とし込もう

では、自分に安藤さんの視点を取り入れてみてみると、
どうでしょうか?

行動力を意識して、点をつないでいるか?
3年後何がしたいか決めているか?
具体的に、人生を変えるための今日の小さな行動をしているか?

改めて、2019年に自分がすべきことの
方向性の見直しに、
良いコンテンツだと感じます。

 

気になった方は、ぜひご一聴ください♪
(長いけどw)

安藤美冬氏が語る「人生を変える行動力の作り方」とは?

本日は以上です!

では、ごゆるりと~。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました