やぶきたが広まったのは、お茶がクローンだから?

やぶきた 緑茶

皆さん、こんにちは。
お茶活動家、ちくわん(@ryounokanousei)です!

さて、今日は皆さんが一度は聞いた事があるであろうお茶の品種

やぶきた

について、なぜこんなにも広まったのかをまとめていきます。

この記事を読むと、

☑お茶の木の増やし方が分かる
☑お茶の生育スピードと寿命までの長さが分かる
☑やぶきたの優良性が分かる
では、早速みていきましょう!

1.やぶきたが増えていった、クローン的茶葉の増やし方

やぶきた

お茶の木って、どのように増やしていくと思いますか?
普通に種を採取して、新たにまいてそれを育てて・・・
なんて思っていませんか?

実は、お茶はそのような増やし方をしてしまうと、同じ品種を増やすことができないんです。

どういうことかと言いますと、簡単に言えば、
同じ品種同士では種ができないから
なんですね。

専門用語では、「自家不和合性」なんて言ったりします。

同じ品種を掛け合わせることができず、異なる品種同士を掛け合わせるしかない。
そうなれば、当然新たな種は、元の茶とは異なる性質を持つお茶になります。

さて困った。

そこで行われたのが、
挿し木
です。

これによって、同じ品種の茶の木が増えていき、その結果、品質も保ちやすいお茶が作れるようになったそうです。

そして、その品種で「やぶきた」が選ばれたことで、一気に全国にやぶきたが広がっていったんですね。

2.お茶が育つ長さが、やぶきたをロングヒットさせた

やぶきた

さて、やぶきたが全国に広がった理由はこれだけではありませんよ。

お茶の木が、苗を植えてから収穫できるまでに生育するには、どれほどの歳月が必要でしょうか。

 

ある程度の幅を見て、3~5年とされています。

植えてから、少なくとも3年は見なければいけないのです。
結構忍耐が必要ですよね。

それでいて、お茶の木の寿命って、めっちゃ長いんです。

良く言われる経済的に価値が産める期間としては、
30~50年
と言われたりしますね。

中国の雲南省にある茶の樹には、樹齢3000年を超えるものもあるんだとか。世界に広まったお茶の祖先の樹の可能性もあるとされ、注目されています。
つまり、一度植えて育てたら、かなり長くその茶で勝負しなければならないのがお茶農家さん。
 
できるだけ、成功率の高い良いお茶を育てたいと思うのは、当然ですよね。

3.やぶきたが広がったのは、その優良性がすごいから

やぶきた

さて、そんな優良なお茶の品種を求め続けて生まれたのが、「やぶきた」でした。

1908年に、杉山彦三郎という人物が発見したのが最初とされています。

大きなポイントとしては2つ。

1)味の安定度が高い
渋み・旨み・甘みのバランスがかなり良く、また多くの日本人の共感を得ました。
そのため、栽培するメリットを大きく高めてくれました。
 
2)栽培しやすく殖やしやすい
まず、やぶきたは「寒さに強い」
冷害に強いというパワフルさがある。
 
加えて根付きが良く、土壌に適応する順応性も高い。
そのため、農家から大変喜ばれるに至りました。
 
結果として、今では全国の約75%がやぶきた、という状況が産まれたのでした。
 

4.やぶきたがヒットした理由まとめ

改めて、やぶきたがここまで広がるきっかけになった要因をまとめます。

1)お茶の木を挿し木で増やす方法が採られ、その木に「やぶきた」が選ばれたから
2)お茶の木は、少なくとも30年付き合う必要があり、リスクが少ない品種が求められたから
3)「やぶきた」は味の面でも栽培の面でも、他にはない優位性を持っていたから
最近は、味の好みの面で、脱やぶきたの流れも出てきていますが、
やはりこの安定力を知ると、今後もそこまで急速には状況は変わらないだろうなと感じます。
 
本日は以上!
 
では、ごゆるりと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました